どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

悪意

2011-08-31 Wed 03:38
この休み中本をたくさん読もうと思って何冊かネットで購入した中に
東野圭吾の赤い指があった。

以前テレビドラマでみていたし
東野圭吾のミステリー自体好きだったので読んだのだけど
それが加賀恭一郎シリーズとやらの7作目だということに気がついて
加賀恭一郎と言う主人公の格好よさにやられて
これはシリーズ全作品読みたい!と思ったわけだ。

1作目の「卒業」で、図まで使ったトリックに混乱しつつも登場人物の描き方に惚れて
2作目の「眠りの森」で、加賀が恋をしている様子にどきどきして
3作目の「どちらかが彼女を殺した」で、今まで読んだことのないミステリーの手法(なぞ解きをしつつも誰が犯人なのかは明記せずに、読者に考えさせる)にわくわくした。

特に2作目と3作目は、次の日が旅行だったりテストだったりしたのに朝まで読みふけって
結局時間の都合であとちょっとでなぞ解き!というところで外出せねばならず
非常に続きが気になるっていう
なんというか、ミステリーにはまって寝不足になるサザエさん状態だった。

そしてこの4作目。
加賀恭一郎シリーズとはいっても、主人公が共通しているだけで、小説の書き方、工夫はどれも違う。
「悪意」は被害者も加害者も作家ということで、事件を門司に起こして語るという手法がとられている。
それも、書き手が犯人である場合には、それが全て真実とは限らないというところが面白い。

正直、この犯人にしてやられた。
誰が犯人かということは序盤で明らかになる。
というより、登場人物としてこの人物意外あり得ないだろうという人物が犯人だ。
問題は犯行の動機。
加賀はどんどんその動機を解明していく。

でも読み進めていくうちに気がつく。
最大の謎であるはずの動機に、加賀がはやくたどり着きすぎなのだ。

まぁそれは本の暑さから感じるのだけど。



この事件のカギになるのは序盤のネコをめぐるエピソード。
印象的なだけに、いつまでたってもこの話が回収されないので
おかしいとは思ったけれど、
加賀と同様私も犯人にしてやられたという気分になる。
そうか、そういった意味合いがあったとは…という感じ。

できればこれだけカギになる出来事は
もっと読者の印象に残らないようにして
最後に、あぁそういえば、という風に気がつかせた方がいいんじゃないかとも思う。
無意識に先入観を植え付けると言うか…。

しかし読み進めていく中でずっとあのエピソードが気になっていたとしても
そのエピソードによってもたらされている効果が
無意識なものなら、
それはエピソードが印象的なものであればあるほどいいのかもしれない。

結果として全ての事象がとても効果的であると思う。




この作品の中では加賀の過去、すなわち教員時代の話が語られる。
これは被害者、加害者の過去ともつながるわけだけど
私としては、これはとても怖い話だった。
恐いというのはいつ自分がこの立場、こういった場面に立ち会う教員になるか、わからないということ。
ここまでひどいことはないかもしれないが、いつ起きてもおかしくないと思うから恐い。
教員というのは、生徒にとって良くも悪くもとても強い影響力があるのだ。
自分のせいで誰かの人生を台無しにしてしまうかもしれない
もしくは、そうでなくても
誰かに、自分(教員)によって人生を台無しにされたと、恨まれてしまうかもしれない
それだけ責任のある職業なのだと思う。

読んでいて、ざわざわした…。
今まで、この一年半の間に、私は誰かにきっと恨まれてきた。
これはとても怖い事。

…。




東野圭吾のミステリーは面白い。
なぞ解きもいいけれど、登場人物が魅力的で
その事件の背景にある人間関係だったり人生観だったりがいいと思う。




とまぁ久しぶりに読書記録でした。
スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

あの歌がきこえる

2010-01-24 Sun 06:38
重松清が読みたくて買った。


毎度毎度重松清が書くのは学校のこと。

今回のはシュウ、ヤスオ、コウジっていう三人の
中学生から高校を卒業するまでの話。

ひとつひとつの話がまとまっていてわかりやすい。
次の話になるとちょっと時間がとぶんだけど
登場人物も少ないしいい。

何より登場人物のキャラクターがいい。
主人公はシュウで、すべて彼目線なんだけど
シュウとコウジが仲良くなる流れとか、
いじっぱりなのを自分で自覚してるシュウの気持ちがうまくでててすごくいい。

コウジの家庭環境が本を通して意味をもってくるわけだけど
要所要所でちょろっとふれてくる程度でおしつけがましくなくて
かつ、忘れさせない(前にもどって読み返したりしなくていいw)のがうまい。
調度いい強調というか。
十分インパクトのある家庭環境だから、
それについては一番初めの話だけで
あとはそんなに触れない。
けど常に前提としてあるっていう感じが
シュウのコウジとの付き合い方というか、距離をうまく表現してる。

まぁべた褒めですわw

重松清が好きで読んでるんだから
重松清らしいこの作品はとても好きです。



読み終わってから気がついたのは
短編のタイトルが全部実際にある曲のタイトルになってたのね。
そんで話の中でちゃんとその曲についてふれてあるっていう。
どうも音楽の話多いなぁとは思ったけどw

本の最後に作品登場曲として紹介してあるのもいいなぁ。
最初じゃないってところがw

私はさだまさしとか南こうせつとかが
親世代(うまいいい方がわからない)なので、まぁ好きなんだけど
その他にもユーミンとかサザンとか、忌野清志郎とか。
曲や歌手についてもだけど、当時の様子が一緒に書かれているから
読む人が読めばすごく懐かしく感じるんだろうなぁと。

40代~50代の人が喜びそうな作品。
重松自身は1963年生まれだから、まぁそこらへんなんだな。
彼の思い出というか・・・。



あと話のはじめに小さなイラストがはいってるとこもちょっと好きですw

そんなこんなでオススメ。
すぐ読めるからどうぞー。
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

ぐるりのこと

2010-01-23 Sat 06:27
梨木香歩だったから買ったんだけど
小説だと思ったらエッセイだった。

エッセイが苦手っていう風に思ったこと無かったんだ。
あとがき読むの好きだし。

でもこれは苦手でした。



っていうか、これは小説風にしようとしてるのかしてないのかよくわからなくて
作者がすごく現実的なのにちょっとおとぎ話っぽい雰囲気を持ってるのがちょっと読みにくい。

西の魔女が死んだと裏庭を読んだけど
ファンタジーっぽさの中に現実的な「死」っていうテーマがあって
重い話を重くなく書いてあるのが好きだったんだけど
いやぁ、こんなにモラリストだったんだねぇ。
まぁ納得といえば納得。

イギリス留学の経験があって
童話作家?の家に下宿していたっていうのも納得。
そういった環境ですごしてきた人だからあんな作品が出来あがるんだなぁ、と。

ただやっぱり読みにくいのよねぇ。
ちょっと読むにはいいかもしれないけど
話があっちにいったりこっちにいったりして
一冊通して読むには混乱するし
ストーリーがあるわけではないから面白みがない。

というわけで読むのにすごく時間がかかった。
買ったのもずいぶん前だし
読み始めたのもずいぶん前だし
読み終わったのもずいぶん前。

感想書いておきたいなぁとは思ったわけだ。
でもめんどくさかったからこんなに後回しになってしまった・・・。








なんでこんなに後回しにしてたのをやっと書いたのかっていうと
最近それだけ何もしてないってことだね。

また一冊読み終わったから感想書きたいけど
こっちはこっちで面白かったのに何が面白かったのかって聞かれるとちょっと困る感じ。
うん。

買いだめしてた本を消化しつつあってちょっと嬉しい。
別窓 | 読書 | コメント:2 | top↑

秘密

2009-12-26 Sat 16:08
ここ最近友人Nとメッセしたくらいしか大してしたことがないってどゆこと
何このダメダメな感じは。

メッセの内容はかなりアレな感じでほにょほにょなので
ここでは書きませんが
まぁ50%くらいノロケだったかな。

さて
メッセ以外に何してたかって言うと
読書、料理、掃除

まー料理はなんだかんだ家にいるときは母親といつも一緒に作ってるわけで
掃除も、そんなにちゃんとしたわけではなく
机の上ちょい片付け、クイックるワイパーかけ、トイレとか水回りちょいやったくらい。
もっといろいろ捨てたいものいっぱいあるけどそれはまた今度ってことで。

本は東野圭吾の秘密を、あとがきも含めて読了。
本編は結構前に読み終わってたんだけど
広末がどんな解説(?)書いてるのかちょっと気になって・・・。

映画と小説ではラストが違うらしい。
印象的なラストだっただけに
映画がどうやって終わるのか気になる。




本編は、なんつーか
どうやって書いてもネタバレになりそうなんだけどw

被害者、加害者っていう両方の視点とか
父親と娘、夫と妻の立場とか
そこの違いとか、違わないところとかが面白いかなー。

主人公の目線で書かれているのに
妻と対峙しているときと、思春期の娘と対峙しているときでは
こんなに印象かわるもんなんかーって思った。
そこは東野圭吾のうまいところなんだろうか。。。

思春期の娘とのシーンでは、そのまんまみたら、主人公の行動はめっちゃくちゃむかつくんだけど
でも、この場合、中身は妻なわけで
そう考えると私は妻にすごーーーーーーーーっくむかついた。
それは主人公から見ていて、あくまでも主人公が語る体で話をすすめてるからかもしれないんだけどね。
だから小説版の終わり方も納得できない。





まー私としては主人公の妻にひたすらムカついてたんだけど
この主人公の妻の名前が漢字も含めて私と一緒なわけですよ。
それが嫌だねーwwww
なんか、だって、やたら上から目線で
自分はキレ者、見たいな感じ
しかも自分勝手で
そのくせどっか優柔不断なわけよ。
もーーーーねえええええwwwww





まぁ、でも、広末好きだし
ラストがどうちがうのか気になるし
映画もみたいわ。
うん。





という感じの本でした。
感想一個終わり!
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

ベスト10

2009-04-22 Wed 21:54
水曜日は読書教育論という授業にでてます。

この授業、朝読書や幼児期もしくはそれ以降の絵本の読み聞かせによる効果や
それらの必要性についての授業なんですが
出席を必ずしなければならず
毎回音読をしなければならず
一人一冊絵本を紹介しなければならないという
まぁなんとも面倒といえば面倒な授業です。

だがしかしなかなかに面白い授業でもあります。

絵本って、あんまり読んだことないけど
でも子供のころにふれていて、結構好きだったり。
そういう本を大学生になってから読んでもらえるのは
懐かしさとともに
またそのときわからなかった新たな発見もあるものです。

今日の授業では「100万回生きたねこ」を読んでもらいました。
こんなに深い話だったか・・・と思うほど
深い深いお話でした。
絵本なのに絶版にならず今も増刷されているのも納得です。
泣きはしなくとも
聞き終わった後に深く考え込んでしまいました。



その授業でGW中課題が出されています。
ひとつはおすすめの絵本の紹介。
発表しなければならないというのがなんとも・・・。
何にするか考えなければ・・・。

それともうひとつは私が今までに読んだ本のベスト10を紹介するというもの。
10冊にしぼることなんてできないです・・・。
絵本でなくても
新書でも文庫でもいいんだけど・・・。

うーーーーん・・・・。

その場で思いついたのを書いてみたのですが
好きな作家なら10人にできても
好きな本を10冊となると迷ってしまいます。

そもそも作家なら思い浮かんでも
一冊一冊そんなに思い浮かばない・・・。

一冊読んでみて
面白い!と思ったら
その人の作品をやたらに読み漁るので
どれがどれだか混乱しているというのもあって・・・。

どうしようかなぁという感じ。

でもとりあえず10冊あげてみた。
順位とか気にせずに。
有名どこばかりだけど・・・。

・「白いおうむの森」 安房直子
・「くちぶえ番長」 重松清
・「R.P.G.」 宮部みゆき
・「西の魔女が死んだ」 梨木香歩
・「手紙」 東野圭吾
・「つきのふね」 森絵都
・「屍鬼」 小野不由美
・「峠」 司馬遼太郎
・「ネバーランド」 恩田陸
・「トリツカレ男」 いしいしんじ

伊坂幸太郎のアヒルと鴨のコインロッカーも好きだけど
自分がそのときはまった具合でいうと伊坂はさほど・・・て気がしたので。

どの作家も一度はまった人たちで
その人たちの作品からひとつ選ぶのって難しいです。
宮部みゆきもいしいしんじも司馬遼太郎も悩む・・・

でも一番迷うのは恩田陸だなー。
全然作品の雰囲気ちがったりするし。
ネバーランドも図書室の海も六番目の小夜子も好きだし
Q&AとかMAZEとかも印象深いんだけど
一番はじめに自分が読んだのがネバーランドだったのでそれにしました。

自分のベスト10って
なんについても選ぶの難しいね、という話。
一番はなおさらだけど・・・。
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

学問のすすめ

2009-01-04 Sun 21:21
レポートを書かなきゃならんのです。
本を読まなきゃならんのです。

で、学問のすすめ。
せっかく慶応?ってとこに通ってるし
文学部だし
あんま関係ないと思うけど日本史専攻だし
買っちゃった。
スペシャル内部の人に借りようと思ってたけど忘れてしまったので
そんなに高いもんでもないので買っちゃった。

はっきり言ってユッキー嫌いだwww
何この人www
ドンビキなんですけどwwww

ってか教授は、道徳教育に関する授業でなんでこれ読まそうとしたのか
そこが疑問なんですけどwwww
大体哲学の教授にあの授業もたせるとか
ほんと教職課程センターどうかしてんじゃねーの?wwwww
あふぉかとwwwww

はい、
えっと
読んでて不快になりますが
まぁ時代の違いもあったんだろうとは思います。
やはりあの時代からしてみればすごく革新的で
知識のある人なのでしょう。
生存権やらの考えが随所にみられはしました。

がしかし、愛国心うんちゃらについては
どうしたもんかと。

そこから現代の道徳教育へは
つながらないというか
私の意見としては
つなげたくない。です。

独立心をもった国民なら
国のために誇りを持って命を投げ出せ
ということが、まぁ、ねえ・・・。


でも福沢諭吉がどうってよりもやはり時代なのかな・・・と。
問題なのはやっぱりあの教授だと思う・・・。


・・・・


文句言うのは論文書き上げてからにしたほうがいいんでしょうがね!
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

ハリーポッター

2008-12-20 Sat 23:32
現実逃避以外のなにものでもない

しかし登場人物を把握するのが難しい話です・・・
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

『LAST』石田衣良

2008-10-30 Thu 22:41
格差社会の被害者的な
最低限度の生活をも遅れていない人たちの話
かな

問題提起をいっぱいして
こんな現実もあるんだよ
って訴えてる作品というかなんというか

でも、あんまり好きじゃないかも・・・

携帯小説とはくらべものにならない出来ではあるけど
ただただ不幸な話ばかり
ただただブラックな話ばかりのせてるような気がして・・・

んー
読みやすいし
メッセージ性は強いです
別窓 | 読書 | コメント:4 | top↑

久しぶりに読書日記

2008-10-28 Tue 22:16
①『ナイフ』 重松清

大体が父親からみた家族。
重松清の作品はそういうのが多い。

そんで泣ける。

先生の立場とか
母親のこととか
よくも悪くも客観的にみてるのが「父親」なんでしょうね。

だからって自分の父親を好きになることはできないし
作品のなかにでてくる父親を必ずしもいいとは思えない。

「かっこいい」じゃなく、「かっこ悪い」父親の姿を描いてるんだろうけど
その父親の姿に好感はもてない。
まーこれがリアルなのかなぁと思う。

作品自体とても好きです。
完成してると思う。



②『MAZE』恩田陸

こわい。

あの、人間模様とかそういうのじゃなく。
こわい。

ホラーですよ、これはもはや。

ばあちゃんの家に行ったときに眠れなくて夜読んだんだけど
何回も後ろ振り向いたもの。

恩田陸の遊び心というかなんというか
文字を工夫するのね。
あとページとか意識して書いてるんだなぁっていう。

新聞記事やら伝説やらを別ものとして出してくるのもうまい。

工夫してあって
その工夫が生きている作品だと思いました。

内容はそんなに好きじゃないかな。
内容っていうより、ハラハラどきどきを味わう
やっぱホラーって感じでした。


③『グラスホッパー』伊坂幸太郎

鈴木っていう男のやさしさにぐっとくる。

んで、殺し屋たちがかっこいいの。

鯨のどっしりした雰囲気と
蝉の軽薄さと
槿の神秘的な感じ

かっこいいなー
んでそれと鈴木の平凡さがいい具合なのよね

人がいっぱい死ぬし物騒な話ではあるんだけど
なんだか和やかなのは
健太郎と孝二郎の兄弟の存在かしら
彼らの会話が和む。

読みやすくて読んだ後のすがすがしさも好きっす。



④『ねじの回転』(上・下)恩田陸

二・二六事件の話。
というか、それをもとに歴史の本質について書いているような気がする。

二・二六事件っていうのは
その事件を機に軍部の暴走がはじまり、日本が泥沼化した戦争へとつきすすんでいく
っていわれている事件で
日本史のなかでも「おもしろい」とされている事件のひとつ。

小説としてもよくとりあげられるのね。
私がぱっと今思い出せるのは宮部みゆきの『蒲生邸事件』
あの話もたしか過去へとさかのぼって実際に事件を目の当たりにするって内容でした。


んで、今回の『ねじの回転』は歴史を遡れる機械が発明された世界の話。
おもしろいのは「歴史をかえよう」とするところを出発点にするのではなくて
いろいろと歴史をいじくったためにパニックになってしまった世界を出発点にしているところ。

その世界では国連が動いて、「正しい歴史」の再生をおこなうべく職員が派遣されて
当時の人間数名の協力のもと「正しい歴史」をやり直していこうとする。


そこでまぁいろいろあるわけだけど
ネタばれしちゃうとそこは面白くないので内容にはあまりふれないことにして。


要は「正しい歴史」とは何か。
ということ。
歴史を語る上で「もしも」ってことは考えないほうがいい。
「もしも」は事実ではなく「歴史」とは対極にあるはずのもの。

でも未来からやってきた者たちがいう「正しい歴史」とは過去の人間にとって正しいのか?

「歴史はおのずと自己修復を図る」というせりふが何度もでてくる

その事象はおこるべくしておこった
もう一度くりかえせば、こちらから無理やりに手を加えない限り
「もう一度おなじように」起こるはずだ

だが本当にそうだろうか?
細かな違いはおこりうる
しかし、事象の大小なんてことを誰が決定するのか?


ありえないはずの「もしも」をたくさんつめこんで
歴史を操作するということの重大性
そもそも「歴史とは何か」ということまで問いかけている。


面白いです。
頭フル回転。
でも気楽に読もうとすれば気楽に読めます。

二・二六事件自体とても面白い事件なのでお勧めです。




⑤『死神の精度』伊坂幸太郎

もうね、映画のせいで死神のイメージが金城武で固定w

仕事だからと割り切っていて人間に興味ないそぶりなのに
結局は深くかかわってしまう死神がよかったです。

死神がミュージック好きっていう設定も新しくて
井坂幸太郎すげーな
世界観もってるなーって思わせる作品でした。

短編集なんだけどそれぞれが微妙にかかわってて
それはもちろん一人の(?)死神視点で書いてるからなんだけど
そのつながりがチラッとでるだけで読んでいてうれしかったです。

伊坂幸太郎の世界観好き。








読書日記書いていると自分の好きな作家が偏ってきたなーって思う。

ってかね、恩田陸作品多すぎるよw
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

R.P.G

2008-06-24 Tue 22:19
久しぶりに小説を読みました。

宮部みゆきの「R.P.G」



いやぁ久しぶりに小説を読んで、読みやすさにびっくりしました。

最近は史料か先行研究ばかりを
コピーして細かく切るように読んでいたので。



面白かったです。
そんで、感動した。

どう感想を書いてもネタばれになってしまうし
この話の面白さはそこにあるので
あんまり内容について言えないんだけど・・・。

ある人物の「怒り」にすごく共感しました。






日本書紀と古語拾遺の訳本買うかどうか迷ってる・・・。

・・・多分そのうち買います。
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

| お元気ですか57 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。