どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

変な時間に目が覚めた

2008-08-28 Thu 05:11
やっぱ4コマって結構疲れるねー

14時~8時半まで指導

かえって9時で夕飯食べて
部屋に戻って
気がついたら寝てました。

起きたら3時。
寝過ごしたかと思ったし(何に?)

んでER2話みた
最近ERみないと落ち着かない、廃人。





話いきなりかわります。

合宿から帰って
わりとすぐに祖母の家へ行った私。

お盆だから。

我が家ではなぜか
別に決まってるわけではないのだけれど
迎え火は母が一緒にして
送り火は伯母(母の姉)が一緒にする(もちろん祖母と、って意味)

んで、なんだかんだここ二年くらいは私も迎え火に参加する。

胡瓜でつくった午にのって急いできて
茄子でつくった牛にのってゆっくり帰る

仏さんがわかるように火を焚く

なんだか素敵な風習だなぁ
こういうの残していくのっていいなぁって
そんな風に思う。



日本の古代史をやることになって
柳田国男の民俗学に興味をもって
お盆についての話も読んだ。
柳田国男の本は論文とか小難しいことを書くんじゃなく
フィールドワークに基づいてちゃんと各地の風習を記録して考察しているのがいい。

簡単なことを難しく言う学者さんより
難しいことも噛み砕いて簡単にわかりやすく言える学者さんのほうがかっこいいと思うのだけど
でも論文では小難しく回りくどく書くのがかっこよくて
賢さをアピールしてるのかな。
なんだか(読む)人を選ぶ感じがしてすごく嫌なんだけど。
専門ってそういうことなんだろうけど、嫌。

結局何がいいたいんだよ、って思うから。
頭のいい人の言っていることが理解できないと馬鹿?
いや、言ってることはわかるけど
そんなこと長々と言う必要性を感じないっていうか意図がわからん。




ああ、大幅に話がずれたw




話をもどすと、祖父の話よ。

死んだ祖父は母が大学生だか大学卒業してすぐにだか亡くなったらしい。
3月25日
伯母の誕生日。
実は亡くなったあとに医療ミスが発覚したんだとか。

自分今大学三年で、
後輩にはお父さんが亡くなっていていない子もいて、
親もずっといるわけではないんだなぁって思う。
わかってるんだけど、でも親じゃなかったら一緒にいたくないと思う、思わせる親ってのもなかなか手ごわい・・・。

祖母は祖父とは駆け落ちした中で
そもそも自分の産みの母親から捨てられた経験もある人で
祖父が亡くなってからの30年以上
甲府のあの広い家で
一人で
寂しかったろうと思う。

母も伯母も大学は東京だし。

遊びに行くたびにね、とてもはしゃぐの。
かわいいなぁって思うと同時に、
さみしいんだろうなぁ、いつも
って思う。

家族は大事にしなければいけないね。って話。



ああ、話がうまくまとめられずにぐだぐだと書いてしまうのは馬鹿な証拠。
言いたいことがまとまってない。
まー寝起きだし。
ドンマイ、自分w

そしてもひとつ書きたいこと思い出した。

祖母の産みの母親はまだ生きてるのよね、そういえば。
曾祖母・・・?
長生きー。
NYにいるらしい。
スポンサーサイト
別窓 | 家族 | コメント:0 | top↑

<<スカイ・クロラ | お元気ですか57 | 超眠かった・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| お元気ですか57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。