どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

学問のすすめ

2009-01-04 Sun 21:21
レポートを書かなきゃならんのです。
本を読まなきゃならんのです。

で、学問のすすめ。
せっかく慶応?ってとこに通ってるし
文学部だし
あんま関係ないと思うけど日本史専攻だし
買っちゃった。
スペシャル内部の人に借りようと思ってたけど忘れてしまったので
そんなに高いもんでもないので買っちゃった。

はっきり言ってユッキー嫌いだwww
何この人www
ドンビキなんですけどwwww

ってか教授は、道徳教育に関する授業でなんでこれ読まそうとしたのか
そこが疑問なんですけどwwww
大体哲学の教授にあの授業もたせるとか
ほんと教職課程センターどうかしてんじゃねーの?wwwww
あふぉかとwwwww

はい、
えっと
読んでて不快になりますが
まぁ時代の違いもあったんだろうとは思います。
やはりあの時代からしてみればすごく革新的で
知識のある人なのでしょう。
生存権やらの考えが随所にみられはしました。

がしかし、愛国心うんちゃらについては
どうしたもんかと。

そこから現代の道徳教育へは
つながらないというか
私の意見としては
つなげたくない。です。

独立心をもった国民なら
国のために誇りを持って命を投げ出せ
ということが、まぁ、ねえ・・・。


でも福沢諭吉がどうってよりもやはり時代なのかな・・・と。
問題なのはやっぱりあの教授だと思う・・・。


・・・・


文句言うのは論文書き上げてからにしたほうがいいんでしょうがね!
スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | top↑

<<おふとん干した。 | お元気ですか57 | 凧あげ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| お元気ですか57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。