どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ラストメッセージ

2006-11-07 Tue 21:35
昨日のNHKスペシャルみました?

『ラストメッセージ』ってやつ
昨日は第二回で湯川秀樹についてやってました。
(第一回は手塚治虫、残念ながらみていない・・・)

感動しました。
NHKはやっぱああいうのうまい。

アインシュタインの影響をうけて核兵器の断絶を訴えた湯川秀樹
科学者だからこそ、平和をよびかけた人
彼にこたえた教え子達
彼の死後も、彼の言葉を伝え続けた奥さん

ぼろぼろ泣いちゃった。苦笑

だっていい言葉残してるんですよ。
いい声してるんですよ。
その言葉にいい音楽かぶせるんですよ。

あのシリーズの第三回を今日もやるはず。
たしか22時から、、、かな。

みなきゃ。
ってかみるといいよ。
昨日ほど感動するかどうかわからないけど・・・。



下のはNHKのHPからひっぱってきたもの

ラストメッセージ(全6集)
第2集「核なき世界を 物理学者・湯川秀樹」

日本人で最初にノーベル賞を受賞した物理学者、湯川秀樹。敗戦まもない日本人に勇気と希望を与えた戦後復興のシンボルだった。ラジオ番組で自らの性格を「非常に内向的」と話し研究に没頭していた湯川は、第五福竜丸が被爆したビキニ事件に衝撃を受け、科学者の先頭に立って核兵器の廃絶運動に乗り出した。それは、物理学が生み出した核兵器の恐ろしさをアインシュタインと語り合っていた湯川にとって“科学者の責任”という博士の遺志を継ぐことでもあった。1960年代、核抑止論を根拠に米ソ超大国が核開発競争を繰り広げる。湯川は「核抑止論では兵器開発は止められず、核保有国は拡散する」と警告し、絶対悪の核はあくまで廃絶しなければならないと主張した。しかし、状況は悪化するばかりで苦闘を強いられる。晩年、ガンに侵されながらも「核廃絶の道は必ずある、人類の叡智を結集すべきだ」と繰り返し、言い続けた。生誕百年を迎えるにあたり、母校・京都大学が中心となって膨大な記録の整理を進めている。番組では、未公開資料や映像記録、そして遺志を継ぐ物理学者の証言を中心に湯川の苦闘ぶりを浮き彫りにする。イランの核開発、北朝鮮の核実験宣言に揺れる今、湯川の言葉の重みを問い直したい。


核なき世界を
スポンサーサイト
別窓 | 動画 | コメント:4 | top↑

<<木下恵介 | お元気ですか57 | >>
この記事のコメント
見ましたとも
手塚治虫のも見たよ!
簡単に感想を書くと、
生きることを諦めてはいけない
と思いました。
湯川秀樹のも見ました。
核反対、デス!
2006-11-07 Tue 22:44 | URL | ウノ #TNX8eFSQ[ 内容変更] | top↑
まじで!いいなー
うちも見たかった><
今日のも核反対!戦争反対!ってことを主題にしてたね
木下映画がみてみたくなりました。
DVD借りてこようかな
ってかNHKスペシャルってうまい
映像の二十世紀とか
そのとき歴史は動いたとか
シルクロードとか
無理にバラエティとかやらないでこういうのもっといっぱいやればいいのにー。
2006-11-07 Tue 23:04 | URL | bob #-[ 内容変更] | top↑
いいねぇ。わかる!涙が出ちゃうよね。
核武装を唱えるアンポンタンが許せません。
日本だけは絶対だめ。
先人の思いを知れ!と伝えたい。
2006-11-09 Thu 02:54 | URL | タイコ #-[ 内容変更] | top↑
日本だけは絶対だめ。
私もそう思います。

核を許した時代の人間になりたくない。
戦争を、人殺しを許したくない。

湯川秀樹さんって本当にすごい人です。
思うだけじゃなくて、ちゃんと行動したんだもの。
2006-11-09 Thu 21:14 | URL | bob #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| お元気ですか57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。