どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

増えました(笑)

2006-12-20 Wed 17:03
20061220170318


増えました(笑)

昨日たまりにおいておいたぬいぐるみが一男によってメタメタにされてしまいました…
そして2匹から4匹に増えました(笑)


今日のジェンダーはまたまた面白い授業でした。
ゲスト講師のステファンさんは大阪に住んでるアメリカ人。
片言の日本語でしかも関西弁。
小柄でスキンヘッド、うっすらヒゲを生やした姿のとっても似合う人。
ひょこひょこと歩く姿がとってもチャーミングな人でしたw

彼はHIVやDVに関する活動をしている人。
自己紹介で経歴を話している中で

「こんな風にたくさんの人がこの施設で活動をしているわけですが、僕も昔はレズビアンで今はゲイであるという経歴をいかし今の活動をしています。アメリカや欧州では人種差別の問題が深刻になっている地域がありますが~日本においても関東に比べ関西は部落問題など差別がより深刻な問題となっており・・・」




・・・・・・



・・・・・ん??



サラッと今すごいこと言ったような気が・・・・




気付きますか?

・・・昔はレズビアンで今はゲイであるという経歴・・・

ってところです。

本当にサラッと言ったんですよ。
その感じを上手く伝えたくて長めに書いたわけですが・・・。

ステファンさんはFtM、つまりはもともと女性だったけれど性転換手術をして男性になった人でした。
そう言われてみれば小柄だし声も高い。

彼は、女性であること、女性なのに女性を好きだということを何も不自然だと思わなかったそうです。
でもある日突然なんだか男性になりたくて・・・本人もなぜだかよくわからない(彼の言葉を使えば、ヨウワカラヘンw)らしいけれども男性になろうと思ったそうな。
そして男性になったら男性が好きになってしまったと。
女性である頃には女性しか好きになれなかったにも関わらず・・・。

私にしてみれば、え!!???って思うことでも、彼にとっては普通で何も不思議には思わないことだそうです。だからなぜかってこともあまり考えなかったし、今学生から質問されて(なぜ男性になったのか?なぜ女性ではなくて男性を好きになるようになったのか?・・・など)も理由を答えることが出来ない・・・と。もしかしたら同姓を性的対象とするのが自分の性癖なのかもしれない・・・と。

そして彼自身は今がとても自然で、居心地がいいと感じるそうです。
自分が男であり、男性を好きだという今の自分が。

彼は男女の区別のとても曖昧な人なんだなと感じました。
うまく表現できないけど、男とか女とかどうでもいい・・・っていうか・・・。とてもひらけた人という印象を受けました。

うーーん。でもなあ。
男とか女とかどうでもいい。好きになった人の性別は関係ない!とかじゃなく、彼の場合はまるっきり性的対象とする性別がかわってしまっているわけで・・・。やっぱり不思議だなあ~。
今が自然だと感じる一方で昔、つまり女で女性を好きだったころの自分が不自然だとも感じないってのも。

ともかくジェンダーの授業は今まで知らなかった世界を知ることが出来てとても興味深いです。刺激になる。

5限の文学でみた映画もおもしろかったし。
今日は面白い授業ばかりで大満足や~。
スポンサーサイト
別窓 | 大学生活 | コメント:0 | top↑

<<ノロの脅威 | お元気ですか57 | たまりにたまった>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| お元気ですか57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。