どうでもいいこととかどうでもよくないこととか
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

語源のはなし

2007-04-08 Sun 18:30
「あわよくば」って言葉
いったいどこで区切るのか

私は「わ」の部分だけちょっと音をあげて発音するんだけど
それは、たぶん父親か母親どちらかの方言のせいだ

意味がよくわからない
もちろん「あわよくば」って言葉の意味することはわかる。
「うまくゆけば」って意味でしょう?

どういう語源なのかって話。
「よくば」は「よければ」でしょ?

じゃ、「あわ」ってなんだ?

泡?
粟?
阿波??
アワ???

・・・・

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

んで、気になったので調べてみた。
万能だと思ってたwikipediaにはのってなくて、語源由来辞典にのってた

以下そこから抜粋
「あわよくば」の「あわ」は古く「あわい」や「あい」と呼ばれていた「間」。
「あわよくば」は「あわいがよければ」で、「時間的な間(ま)がよければ」「都合がよければ」という意味になる。
このように本来「あわよくば」はタイミング的にうまくいくことをあらわしていたが、「運」の意味合いが強くなり、時間的な「間」に関係なく「運がよければ」といった意味で使われることが多くなった。


らしい。
つまり私が今まで考えていた意味自体は、もともとの意味から派生したものだったらしい。本来の「あわよくば」と、今現在使われている「あわよくば」は別の(+αの)働きをしているようだ。
別の働きするなら別の言葉じゃんって思うけど、そうじゃなくてちゃんとその言葉自体は別物じゃなくて、その言葉として存在しているから不思議よね。
言葉が生きているってのはこういうこと。常に変化して時代にあわせてるのね。
日本語おもしれー。

「あわよくば火曜日に会いませう。」とか友人が言い出したら
は?なにこいつ。
私らの関係ってそんなあやふやかつ危うい関係だっけ?とか思うよね。
運がよくないと会えない関係ってことだもんよ。今の感覚で言ったら。
それが「あわよくば」の本来の意味から言ったら、なんのことはない「都合がよかったら会いましょう」ってことになるんだからさ。
もう、ここまで意味あいってか言葉の雰囲気?が変わってくると、「本来の意味」ってなんじゃいって思ってしまうさぁ。

そんなことを考えた夕方。
出来れば毎日晴れてほしい。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | top↑

<<つかれとってぃ~ | お元気ですか57 | じゃがバター>>
この記事のコメント
あわよくば今月会いましょう。
2007-04-09 Mon 18:30 | URL | 品川マック #-[ 内容変更] | top↑
あわよくば会いましょう。

あわよいよ?
21日らへん
2007-04-09 Mon 21:06 | URL | bob #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| お元気ですか57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。